歯周内科治療とは、「お口・歯周病の除菌治療」です。顕微鏡検査によりお口の細菌を検査し、細菌に対して薬の服用し、歯磨き粉を用いてお口の中をキレイに除菌する治療です。

歯周病の恐怖

歯が抜けてしまう一番の原因はむし歯ではなく歯周病です。日本人の約50%が歯周病で歯を失っています。歯周病は歯の周りの病気です。歯槽膿漏とも呼ばれています。

歯周病は酸素を嫌う細菌(歯周病菌やカンジタ・カビ類)が、歯や歯ぐきの間に住み着き、毒素によって歯の周りの骨を溶かしていってしまいます。結果、歯ぐきのはれ・出血が起きて最悪の場合には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は近年、生活習慣病の1つとされ、糖尿病、心臓病、早産、肺炎など様々な病気の原因にもなると言われています。

歯周病治療は歯科医院での歯磨き指導、歯石取りなどのプラークコントロールで治療しますが、それでも歯周病が治らない方向けに研究された治療方法が「歯周内科治療」です。

薬を飲んで歯周病を治療する歯周内科

歯周内科治療では歯周病の原因となる菌をお薬で治療します。従来の歯周病治療は、歯周病の原因である菌を器具を使って取り除くという方法でした。この方法は治療に苦痛を伴います。また、この方法では菌を減らすことはできても完全に菌に感染してない状態に治療する事は出来ませんでした。

従来の治療法に対して歯周内科は薬の力によって口内が菌に感染していない状態まで治療可能です。しかも痛みや苦痛もなく、短期間で高い結果が期待できます。

治療方法

    • 位相差顕微鏡での菌の確認
  • 細菌除去薬剤の内服
  • カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
  • 除菌後の歯石とり

歯周内科治療で得られる効果

  • 口臭がなくなる
  • 歯磨きのときの出血がなくなる
  • 歯ぐきがひきしまる
  • 歯がつるつるになる
  • 歯の動揺が改善される
  • 赤かった歯ぐきがピンク色になる
  • 口内のネバネバ感が消える

歯周病にお悩みの方は是非歯周内科治療をご検討下さい。歯周内科の詳細につきましてはお電話・メールにてご連絡頂くか、ご来院の際スタッフまでご質問下さい。