pi_header_einstiegsseite_xg_3d_892
たひら歯科医院では、最も低被爆な最新鋭の3D歯科用CTを導入しております。従来のレントゲン画像は平面(二次元)でしたが、当院の歯科用CTは三次元の立体画像で状態を確認するが可能です。口内はもとより歯の根本、骨の状態など、お口の中をより正確に詳しく診断することができます。

CT画像からは、骨の形、欠損状態や神経の位置や向きなどもしっかり把握することができます。CTで得られる情報は以下のような治療で非常に役立ちます。

pi_orthophos_xg_3d_integrierteImplantologie_cerec_200インプラント治療に当たって、顎の骨の厚み、高さ、形などをを把握することが重要になります。CT画像から顎の骨の高さ、厚み、神経、血管の位置を立体的に確認することが出来るようになり、より正確に診断する事が可能です。

抜歯

pi_orthophos_xg_3d_bildqualitaet_200親知らずなど、顎に埋まっている歯を抜歯するときは歯の根元の位置や方向の確認が必要になります。CT画像で埋まっている歯や周囲の歯、血管や神経の位置関係を容易に確認できます。

たひら歯科医院の歯科用CTについて

当院の歯科用CTはドイツのシロナ社の「ORTHOPHOS XG 3」というCTを利用しております。非常に高い解像度を誇る「ORTHOPHOS XG3」は正確な診断はもとより、低被爆を実現しており患者様の健康に影響を与えるリスクも軽減しております。